【MEGA】ぼくらがモノを買う理由を考えてみました。


 

こんにちは。MEGA(@MEGA_desu)です。

 

 

 

 

『モノを買うときはは購入前までが一番楽しい。』

新車もしかり

新商品もしかり

 

カタログ、Amazon、ホームページ、CM、雑誌・・・・

観ているだけでワクワクしてきますよね。

 

もちろん車は乗って走るのが楽しいですし、

新作ゲームはやるのが楽しい。

 

ですが選ぶ楽しさって別物ですよね。

 

「甘いものは別腹」といいますか。

 

先日、「友人がそろそろ車買い替えたいんだよね。

という相談を受けまして、

その辺のことは、また別の機会に書きますが、

 

今回は

「どうして人はモノを購入するのか」

を心理学的、脳科学的に考察していきます。

 

専門家ではないのに偉そうですがご容赦願います。(笑

 

さっそくですが質問です。

 

皆さんはどうしてコカ・コーラを買ったんですか?

 

なぜコーラ?って

ほとんどの人が買ったことあると思ったからです。(笑

 

味ですか?デザインですか?値段ですか?

どうしてペプシじゃないんですか?

 

しつこいですか?

ごめんなさい。

 

でも、コーラでも水でもお茶でも

「なぜそれを購入したのか」を考えることってとても大事だったりします。

 

例えば『水』ですが、

 

近所のコンビニに行ったら、水ってどれくらいありますか?

いろはす、ボルビック、南アルプス、六甲・・・

もうありすぎますよね。

でその数多ある水の中からボクは「いろはす」を買いました。

 

ちょっと考えると明確な味の違いはないのに

※コントレックス、evian等は省きます。硬水は苦手です。

 

少し話がそれます。

有名な話かもしれませんが、

 

「いろはす」って水ペットボトル界の革命児って知ってました?

 

「いろはす」は水であって水ではないんですよね。いや、水なんですけどね。(笑

成分の話ではなく、商品の話です。

 

で、ですね

「いろはす」と他の水の違いは、

 

ボトルにあったりします。

 

関連:いろはす商品ページ

 

めちゃくちゃ環境に気を使っている(風)の商品!

飲み終わったらぐしゃぐしゃにして小さくなってゴミが減る感じ!

植物由来成分!!

パッケージがグリーン!!

 

めっちゃエコに貢献している感じじゃないですか。

名前も”ロハス”ついてるし。

 

※もちろんいろはすの回し者じゃないですよ?(笑

 

 

『いろはす』は水でありながら、数ある“水”のカテゴリーをずらしているんですよ。

 

水  ×  エコ = ろはす

 

で、『いろはす』が水でありながら、水という商品ではないということが

なんとなくわかってもらえたでしょうか?

 

で話戻します。

上記を踏まえて、ボクは数ある水の中から

いろはすを購入するに至りました。

 

エコと言う言葉に感情を揺さぶられたんですね。ボクは。

 

 

モノを買う理由は 人それぞれで、

機能がいい!!デザイン最高!!みんなもってるし~!!

などなど、多岐に渡っています、

ぼくらはそれぞれの理由で購入している。

 

 

と思っていました。

 

脳みその構造はそうじゃなかった!

 

簡単に脳の構造を書いてみました。(笑

 

上手じゃないのは勘弁を。

 

 

 

一番真ん中にある、青い部分が「脳幹」と言われる部分です。

 

生命維持に関するところで、人間の本能ですね。

 

物事に対して、危険か危険じゃないか、好きか嫌いかで判断する部分です。

 

続いて

黄色の部分の大脳周辺系。

 

物事や周囲の状況の意味を決定します。

 

 

最後に赤色の大脳新皮質です。

 

複雑な問題について考え、理性を使って答えを導くことができます。

僕たちは何か物事に相対したときには、

脳幹(青色)→大脳周辺系(黄色)→大脳新皮質(赤)

とゆう順番で処理するわけです。

 

進化の過程も

脳幹(青色)→大脳周辺系(黄色)→大脳新皮質(赤)

です。

 

人も一動物ですから、

どんなに便利になった世の中でも ざっくり言うと

 

DEAD   OR   ALIVE

 

で物事をまず判断します。

 

ということは、

どんな良いものでも、脳幹を通るんですね。

 

つまり、

“買う”、“買わない”は最初に決まってて、

“買う理由”、“買わない理由”は後付なんですね。

 

飲み物の取り出し口がすごく汚れた自動販売機からだと買いませんよね?

なんか危険な香りがしますもんね。

 

逆に、買おう!!と思ったときにはいろんな理由をつけて買うんですよ。

 

新車の場合を例に取りますと、

カタログ、CMを観た時点で

「あ~なんかかっこいいな」

と思います。

 

この時点で、その車を“買う”意識になっているんですよね。

 

新車は脳幹を通過。

 

もちろん色んな理由で後々買わなくなるような例外はありますが・・・

それは置いといて。

 

でですね。

 

性能を調べるわけです。

 

外装デザイン・内装・スペックを調べ、

気になる車のことを想像するわけです。

 

自宅の駐車場に駐車したときの佇まい、とか

一般道を走ってて、カーブの感じとか

高速道路ではこんな感じかな?

どこ行こうかな?絶対遠出しよう。とか

そんなことを想像していると、

欲しくて欲しくてたまらなくなるんですよね。

 

もうこれは恋ですよ。(笑

 

恋愛に近い。

 

で、その車のことを調べあげて、

ディーゼル?→いいじゃん。

四駆?→いいじゃん。

内装がすげぇ!

 

片時もその車が頭から離れられなくなります。

 

で、購入。

 

大体こんな感じでしょうか?

皆さんもこんな感じですか?

 

人は機能、デザインなどを観て、買うのではなく。

 

感情を揺さぶられて、買うんですね。

 

だから、何かを買うときには、

「なぜ買ったのか」「どこに心動かされたのか」

を意識していくと、

 

反対に何か人にモノを

紹介する時、売る時に役立つのではないかと、

思います。

 

長くなりましたが、ご覧いただき

ありがとうございました!!

 

では!!