問い合わせバナーをペイントで作ってみました。

 

どうも!

なんか思いついたらとりあえずやってみようよ!!

ということで「水に濡れなければ泳げません課」略して「濡れせん課」に所属をしています。

MEGAです。

ブログ運営も10ヶ月目に突入しまして、月刊PV数、数万達成!!

とは決してならなくてですね、日々自分のペースでゆるーりとやらせてもらってます。

でもね。正直なところね。

恥ずかしいので声を小さく言いますが、

 

もっとみんなに見てほしい!!

 

しょうがないです。承認欲求満たされたいですもの。

で今回は、訪問した方が「MEGAくんに連絡とりたいぞ?」と考えてくれた方にお問合せのボタンであるバナーをWindowsのソフト。ペイントで作りたいと思います。

【2017.5.9:初投稿】

【2017.5.14:はこBOONリンク先サービス休止の注書き追加】

【2017.12.15:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加、追記追加

バナーってなに?

そもそも「バナー」ってなんでしょうか?

 

バナー(Banner)を直訳すると、「旗」や「横断幕」などの意味があります。

その店の看板だったり、店先の旗を思い浮かべていいただくとわかりやすいかもしれません。

ウェブのバナーも似たようなもので、ホームページ上にある「看板」のようなものです。

 

ホームページのバナーとは

 

よくホームページにあるものを見たことないですか?

例えば、

 

上の図は「はこBOON」と言われる宅配サービスのサイトです。

※現在(2017.5.14)はこBOONのサービスは休止中です。

 

赤丸したとこがバナーです。もちろんほかもあります。

下の図は前の記事で紹介させていただいたものです。

 

 

これもバナーになります。

ウェブ版の広告のようなものでしょうか。

いちいちGoogleの検索窓に「〇〇 〇〇」という風に検索かけて探してたら、時間がかかってしまいます。

ここでバナーである看板があることで、直接そのサイト、その商品を見に行くことができます。

探す手間を省いてくれるサポートですね。

 

実際に自分で作ってみよう!

という訳で、当ブログの拡充を図るためにバナーを作りたいと思ったわけです。

実際バナーを自分で作るとなるとかなり大変だそうで、バナー制作を仕事としている人もいるようです。

が今回は自分で作ってみます。

 

ではなぜ、わざわざバナーを自分で作ろうかと思った理由ですが、

 

とりあえず何事も一回自分でやってみようぜ!!

 

ということで作ります。

本来は「そんなんめんどくさいから、外注出しちゃおう」で全然いいと思うんですが、

一回作ってみてからでも遅くはないと思うんですね。

もしかしたらめちゃめちゃバナー作りにハマるかもしれない、じゃないですか。

 

自分の可能性は捨てちゃダメです。

 

今回使用するソフトは、ペイントです。

 

はい、Windowsにもともと搭載されているソフト、ペイントです。

これでバナーを作ろうと思います。

参考サイトは「動画ファン」さんです。

 

で、なんやかんやしてたら、できました。

 

おぉ・・・素敵やん。

どうですか?クリックしたくなりました?クリックしていいんですよ?

 

案外ですね、簡単にできたんですよ。驚きました。

始めて作ったにしては中々じゃないですか?えぇ、自画自賛です。

 

という訳で、

ペイントソフトでバナーは作れました。

 

「お問い合わせバナー」なのでさっそくクリックして、お問い合わせ下さい。

 

おわりに

こうやって、今年の3月からブログを始めたのですが、世のブロガーはすごいですね。

こんな作業を日夜頑張っていると思うと、おちおち足を向けて寝られません。

 

とりあえずブログと言うものをやってみると、モノの見え方が変わるもんで、「この人のこういう文章の書き方すげ~な」とか「どんなプラグイン使ってるのか?」とブログを見る目が変わりますし、日々生活している中でも、「今考えたことブログのネタになりそうだな」とか察知力、情報を受け取るアンテナが大きくなったように感じます。

 

何事もやってみないとわかりませんね。

 

これからもゆっくりですが、頑張りたいと思います。

もしよろしければ、お付き合いお願いします。

 

では!

追記:「ペイント」使わなくても作れるよね。

散々上記で、ペイントソフトでうんぬん言ってますが、今はペイントでバナーだったり、アイキャッチ画像を作っているわけではありません。

現在使用しているのは、「canva」。

比較的簡単にアイキャッチ画像であったり、バナーが作れるのでとても重宝しております。

参考

画像を編集するならサルワカ

上記のリンクのサイトを参考に作成しております。

合わせて読みたい