KindleUnlimitedの徹底レビュー!実際に使ってみて出てきた良い所&悪い所

電子書籍って興味ありますか?

私は断然、実物の本派だったのですが、「Kindle Unlimited二ヶ月99円キャンペーン」つられて試しに入会したら、とても良かったです。

スマホ、タブレット、キンドル・・・

いつでもどこでも本が読めるようになりました。

今回は、Kindle Unlimitedを使い続けて、良い所、悪い所、Kindle Unlimitedが合う人について解説していきます。

Kindle Unlimitedを30日間、無料お試しはコチラ

Kindle Unlimitedの月額料金や特徴

Kindle Unlimitedは、あのAmazonが提供している電子書籍読み放題サービスです。

Amazonプライム会員であれば誰でも月額980円で利用でき、30日間の無料お試し期間もあります。

そして、200万冊以上の書籍が読み放題で、雑誌でも書籍でも月2冊読めば元が取れてしうコスパの良いサービスです。

ダウンロードできる数が最大20冊までと制限があり、漫画やラノベなどの種類が少ないなどありますが、雑誌や専門書など幅広く読めることが特徴です。

個人的には、買うと高い専門書はすごく重宝しました。

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedのメリットをご紹介します。

意外と読みたい本、読める本、人気の本・良書が多数揃ってる

「読み放題って、あんまり良い本なさそうじゃない?」

と思われる方も多く、実際に私もそうでした。

ですが、実際に使ってみると、思っていたよりもたくさんの人気書籍を読むことができます。

また、語学や資格試験など役立つ書籍も読み放題対象になるため、勉強に役立てるなど単純に読書だけでなく読めるのも利点です。

私はWEB制作に興味があり、その専門書だったのですが、それも当時読み放題にあったのでびっくりしました。

本屋で買うより節約できる!月に1〜2冊読めば元が取れる!

意外と人気の書籍・良書が読み放題のKindle Unlimitedは月額980円で利用ができます。

つまり、本屋で1500円ぐらいの書籍を買うより同じ本がKindle Unlimitedにあればそれだけで元が取れます。

なんなら専門書は2000円を超えてくるので、これだけでもKindle Unlimitedのお得さがわかります。

キャンペーン。初回30日間無料体験できます

Kindle Unlimitedでは初回登録に限りますが、30日間無料体験ができるキャンペーンを実施しています。

スマートフォンやタブレット、パソコンなどのお手持ちの端末で利用できるので、気軽に始めることができます。

30日間じゃ短いと思う方は、2ヶ月間99円や3ヶ月間99円キャンペーンも実施していたこともあるので、登録を考えている方は、そのキャンペーンを狙うのもいいと思います。

たまに世に出ないような掘り出し本がある

Kindleは電子書籍サービスなのですが、実は誰でも電子書籍を出版ことができます。

出版社を通さず、自分が思うように書けるキンドル出版。

例えば、ビジネス書。

出版社が出したものは、抽象的であったり、「要は言ってること他の本と一緒よね」と思うことがよくあると思います。

しかし、出版社を通さずに書かれたKindle出版は、方法論とかめちゃくちゃ具体的に書かれていることも多く、世に出ているビジネス書に読み飽きた人はいいかもしれません。

ダウンロード数が10冊から20冊に増えた

以前はKindle Unlimitedでダウンロードできる書籍の数は、10冊でしたが、今は20冊まで増えました。

21冊目以上をダウンロードしたい場合は、現在ダウンロードしている20冊の書籍の中から、読まなくなった本を返却する必要があります。

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimitedのデメリットを紹介します。

漫画やラノベなどのシリーズ小説は途中までしか読めない場合が多い

漫画やラノベは全巻が読み放題の対象になっていない場合がほとんどです。

1巻だけ、または、1〜3巻は読み放題で読めたとしても、次の巻からは購入が必要な作品がほとんどで、もっと読みたい場合はKindle unlimitedの月額意外で直接購入する費用が必要になります。

たまに全巻読み放題対象の作品もありますが、基本的に試し読みの新たな作品との出会いと考えておきましょう。

また、集英社などの少年漫画の人気漫画は読み放題にも入っていないため、注意が必要です。

解約すると手元には何も残らない

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で読み放題ができるサービスです。

普段は手にしない本でもサクッと読めて、新たな本との出会えます。

その一方で、一度解約してしまうと手元に何も残りません。

本を購入しているわけではなく、あくまで有料レンタルという位置付けになりますので、データは全て消えてしまいます。

もちろん読んだ知識は残りますし、覚えておきたい情報はノートにメモしておくといいでしょう。

よくわからない書籍も多くある

メリットでもお伝えしました「掘り出し本」がある話ですが、その逆で「なんだこれ?」という書籍も多いです。

というのは、自由に書けて出版できてしまうKindle出版の特性上、編集なしで出版できてしまうのでトンデモ本も多数存在します。

私はパッと読んで「これは・・・」と思ったものはすぐ返却します。

Kindle Unlimitedがおすすめな人

ここまでお伝えしたKindle Unlimitedのメリットとデメリット、口コミ・評判をふまえて、どのような方におすすめなのか、まとめました。

読みたい本が、ビジネス書、専門書、実用書、小説がメイン

Kindle Unlimitedは、ビジネス書、専門書や実用書、小説などが読み放題で読めるものが多いので、これらのジャンルを多く読みたい人はおすすめです。

漫画やラノベ、雑誌などは読み放題対象の取り扱いが少ないため、他のサービスがいいと思います。

ジャンルにこだわらず色々な本を読みたい

Kindle Unlimitedでは、28種類のジャンルの本を気軽に読めます。

月額定額の読み放題サービスなので、少しでも気に入らなければ読むのをやめて返却すればいいだけです。

逆に気いった本は、残しておいてもいいですし、Amazonストアで直接購入してもいいと思います。

語学や資格試験、専門的な勉強で利用

Kindle Unlimitedは、語学、資格試験などの本が充実していて、また、専門書や技術書などの2000円〜5000円するような本も読み放題なものもあり、読み放題対象か検索する必要はありますが、目的とする本があれば、かなりお得です。

Kindle Unlimitedを30日間、無料お試しはコチラ

Kindle Unlimitedの使い方

Kindle Unlimitedは『Kindleアプリ』か『ブラウザ』を使って本のダウンロードや閲覧ができます。

本を検索する場合は、『ジャンル』や『キーワード』から検索が可能ですが、読み放題の対象以外の本も同時に検索されてしまうため、読み放題対象本のみを絞り込み検索する方法がおすすめです。

ただし、PC版のアプリは検索機能に対応していないため注意しましょう。

また、便利機能が搭載されているため、閲覧の際に、文字の大きさやフォントを変更してり、しおりを挟む・マーカーを引く・電子辞書で分からない単語を検索するなどといった使い方ができます。

Kindle Unlimitedの解約方法

Kindle Unlimitedを解約する場合も『登録方法や支払いの設定方法』と同様に、アプリからの操作はできません。

必ず端末のブラウザから行うように注意しましょう。

Kindle Unlimitedを解約する方法は、以下の通りです。

  1. ブラウザからAmazonにログイン
  2. Amazonページ右上にある「アカウント&リスト」を選択
  3. 「お客さまのKindle Unlimited」を選択する
  4. 「メンバーシップを管理」の下に表示される「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」を選択する
  5. 会員登録をキャンセルを選択する

会員登録は、次回請求日まで有効になっています。

次回請求日以降は、コンテンツにアクセスできなくなるので注意してください。

初回登録の方は30日間無料で体験できるので、読みたい本がないか確認してから解約するのがおすすめです。

おわりに

今回は、Kindle Unlimitedの良いところと悪いところをご紹介しました。

良いところ
  • 人気の書籍が多くあり、本好きならぜひ!!
  • 月に1〜2冊読めば元が取れる
悪いところ
  • 漫画やシリーズラノベは少ない
  • 解約すると何も残らない

Kindle Unlimitedの利用を迷われている方は、とりあえず初回なら30日間無料になりますので、実際に試してみて続けるかやめるかを考えていただければと思います。

Kindle Unlimitedを30日間、無料お試しはコチラ

ではまた次回!

ありがとうございました!

こちらもCHECK!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。