【楓(かえで)】古河駅西口前にオープン!ミルフィーユとんかつ食べてみて!!

このブログでは古河駅周りの居酒屋さん、ランチをご紹介させていただいてます。

古河市って思った以上に色んな飲食店があって、楽しい場所なんです。

上記リンクでは私が実際に行った居酒屋とランチの記事です。

そんな今回は2018年7月にオープンした、古河駅西口を出てすぐにあるとんかつの『楓(かえで)』さんのご紹介です。

【2018.7.10:記事初投稿】
【2018.8.1:お店情報更新、本文加筆修正】
【2019.1.5:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加】

ずっと気になって行けなかった『楓(かえで)』さん

今回のお店ですが、ずっと気になっていたんです。

だって店先でなかなか大きな工事をしていたのですから。

お店に入る前から“魅せる”こだわりの庭

楓さん、入る前からちょっと驚きの作りをしています。

(画像引用:作庭志稲田

作庭の業者さんが入ったそうで、こだわっているんですよね。

駅前という立地で人通りが多く、行交う方々が不思議そうに作業を見学。

そして、この模様が現れると声を掛けて下さる方が増えてきました。

『 ここは何のお店が出来るの? 』

『 これは何でできているの? 』

『 出来上がるのを楽しみにしているんだよ!』 等々。 皆さん興味津々。

店舗の顔となるこの場所は多くの方に気付いてもらうこと。

そして、注意を引くものでなくてはなりません。

そういった点で、作業風景からすでに集客が始まっています。

よって我々は

【 見せる( 魅せる )仕事 】をしなくてはいけません。

格好も大事ですが、何より心意気を感じさせる姿勢にあると思います。

その姿勢は自然と格好良く見えます。

引用:作庭志稲田

何でしょうそれ。

なんて志が高いお庭なのでしょう・・・・

入る前から楽しい。

大きい岩の後ろには水が流れていて、水の雫が下の受け皿に当たると、なんだか良い音がします。

そんなこんなで店先からものすごいこだわりを見せます。

お店に入る前からからすごいもんで、前置きが長くなっていしまいましたが、『楓(かえで)』の料理のご紹介です。

エビフランスパンというお通しです。

お通しから美味しい。エビ美味しい。

お通しが美味しいお店は、個人的には大当たりの店だと思ってます。

ウィンナー?ソーセージ?違いがよくわかりませんがこれも美味しい。

こだわりの「ミルフィーユとんかつ」

お腹が空いてまして、しっかり定食を頼んでみました。

定食は何にしようとメニューを開くと、そこには「ミルフィーユとんかつ」の文字。

他のものに気になることもなく「ミルフィーユとんかつ」を注文。

「ミルフィーユとんかつ」のこだわりの揚げ方

本来、とんかつを揚げる時の油の温度って170℃らしいんです。

ですが、さんのミルフィーユとんかつ140℃でじっくり揚げるそうです。

というのは、何枚もお肉を重ねて丸いたわら型にすると、火が中まで通りにくくなります。

170℃の高温で揚げると中まで火を通すのに時間かかる上に、外の衣が先に固く揚がり、トゲトゲしてしまい食感が悪くなるそうです。

とんかつを出すまでに時間がかかりますが、低温でじっくり揚げることで外はサクッと中はふんわり、おいしく仕上がります。

とにかくおいしい。食べてみて。

いろいろと話しましたが、とにかくおいしいです。

こだわりが凝縮されています。

スポンサーリンク

楓さんはランチもやってます

さんは夜の部以外にもランチをやってまして、「ミルフィーユとんかつ定食」以外にもメニューがあります。

「カキフライ定食」とかなり気になります。

他の定食をすべて制覇しなければ・・・

楓さんの詳細

  • 〒306-0023
  • 茨城県古河市本町2-1
  • 0280-33-7002
  • 営業時間: 火~木 11:00~16:00(ランチ)、17:00~22:00
    金~土 17:00~24:00
  • 定休日: 日曜日、月曜日

※お店の都合により変更になる可能性があります。
事前に連絡されると良いと思います。

店舗情報、予約は食べログが便利です。

おわりに

古河駅西口でたらすぐにこんな素敵なお店ができるって素晴らしい。

すぐってほんと30秒ぐらいですよ。

店の雰囲気もいいし、料理も美味しいし。

これから絶対に伸びてくる、そんなお店です。

お近くに寄られてさいにはぜひお立ち寄りください。

ではまた!

こちらもCHECK!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です