父親探しの方法は?27年ぶりに父親を見つけたから、その探し方を伝えます

はい、どうも。MEGAでございます。

今回は27年ぶりに父親を見つけましたので、その方法を解説していきます。

 

幼いころに両親の離婚で父親と離れ、母親一人で育ててもらいました。

母親にはただの感謝では足りないほど感謝しています。

ですが、父親がいないということで、どこか自分の心に影を落としていました。

「どんな人だろう」「なぜ父親がいないのだろう」

小学生、中学生の頃はそれで周りを傷つけたこともあります。

 

僕以外にも父親だったり母親だったり、探したいけど「ふんぎりが付かない」「怖い」などの想いがあると思うんです。

僕もずっとそうでしたし。

でも実際に探してみると思っていたよりずっと簡単でした。

最寄りの役所に行って書類を申請するのと、ネットで検索をかけるだけです。

これだけで僕の場合には見つかりました。

 

今回父親を探す方法を解説しますが、無理に探さなくてもいいと思います。

その方法を知っているということということが大事なので。

必要な時にその方法が使えますように。

スポンサーリンク

【2017.7.5:記事初投稿】

【2018.2.7:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加】

父親を探そうと思ったキッカケ

先日、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』という映画を観てきました。

1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

引用:http://eiga.com/movie/84622/

多分必要になったら会うのでしょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です