動画の配信を始めたから、使っているソフトのご紹介

現在、主にブログを通して情報の発信をおこなっています。

 

ブログというのは、文章を考えて書き、配信するわけですが、どうにもうまく文章で表現できてないな、と思うことが多々ありまして、

今後は動画で補足をしていこうかな、なんて考えました。

という訳で動画配信を初めて見ましたので、ご紹介です。

MEMO
というわけで、意気揚々と動画配信始めてみましたが、動画の編集は僕の持っているPCのスペックが低いせいかめちゃめちゃ重い上に時間がかかるので、休業しております。

ごめんなさい。

【2017.5.19:初投稿】
【2017.12.20:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加】
【2018.10.16:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加】




文章が中々伝わらない理由は言語化が難しいから

僕が師事している先生が「人は自分の思いを言葉にすると、3%も言語化できていない。」と言ってました。

※イメージです。

例えば映画を観に行って、その映画の感想を他の人にうまく伝えたいんですが、思ったように伝わらないんですね。

さっき観てきたばかりなので、ストーリを覚えていて、頭の中にその映像や画像があって、俳優さん達が頭のなかで演じているわけですが、どうにも言葉を話すと満足のいく説明ができない。

自分の頭の中のイメージを思ったように言語化できないんですね。

皆さんにも同じようなことがあると思います。

 

だから、わかりやすい説明ができる人ってのは、よっぽどすごいですよ。

尊敬してしまいます。

 

曲りなりも、僕も情報発信者として、活動をさせてもらっているわけですが、もっとより良い情報を伝えたいと思いまして、動画でブログを補完、ブログで動画を補完していこうと考えました。

上の画像で言うと、赤い部分を少しでも増やそうとする作業ですね。

スポンサーリンク


YouTubeで配信スタート

動画配信って今でこそ、YouTuberという方々がいて、「中学生が将来なりたい職業」にランクインしてしまう世の中ですが、個人的には「楽しそうでいいじゃん!やってみたらいいじゃん!」と思ったりします。

 

親御さんにしてみたら、「そんなわけわからん仕事とも言えないことさせらんない」と怒られそうですが、持っているスマホで動画撮って、YouTubeにアップロードするだけです。

ほぼ無料ですよ。

それが収入につながるかは別にして。

 

やってみて楽しい!と思って続けることが大切かな、と。

 

で、今回僕がどんな動画をYouTubeにアップしたか、といいますと。

『ゲーム実況』です。

 

よくタブレットでゲーム実況などを見ながら、ブログをよく書いているんですね。

今この記事もそうです。

んで、ずっと「動画配信やりたいな~」と思っていまして、

「んじゃとりあえずやってみっか!!」ということで、作ってみました。

 

 

どうでしょうか?

見れたもんじゃありません。黒歴史確定ですわ。

まぁ誰にも見られんですわ。

ですが、今回は再生回数アップは気にしてなくてですね。

動画配信ってどんなもんかな、という実験なので気にしてないです。(という負け惜しみをさせてください)

 

もっとこうした方がいいよ!!

というアドバイスがあったら、教えてください。

動画で使ったソフトの紹介

1.ロイロゲームレコーダー

録画は上記の見出しにも書きました、「ロイロゲームレコーダー」を利用させて頂きました。

ホームページでも書いてある通り、高画質が撮れて、動作が軽く、操作が簡単ということです。

そして何より、無料。

2.つんでれんこ

つんでれんこ?なにそれ?」と思われると思いますが、

簡単エンコードソフトです

「エンコード」ということですが、撮ったゲーム実況動画をそのままYouTubeにアップロードすると容量が大きすぎるんですね。

容量が大きすぎるとうまく視聴ができなくなってしまう。

なので、スムーズに見れるようの適したサイズに変更する作業のことを、「エンコード」と言いいます。

で、この「つんでれんこ」というソフトですが、めちゃ簡単に最適化してくれます。

これも無料です。

 

ムービーメーカー

Windowsに元々入っているソフトです。

動画をカットしたり、A動画とB動画をつなぎ合わせたりするのに使いました。

ただ、ムービーメーカーに通してから、YouTubeにアップロードすると、動画のサイズが変わったり、画質が悪くなったりしたので、

今後使っていくかは微妙です。

今後は、「AviUTL」という動画編集ソフトを導入して編集していこうかと考え中であります。

MEMO
今はAviUTLを使っています。

操作さえ慣れてしまえば、動画の早回しテロップ入れなどなど、使える機能が豊富なのでおすすめです。

おわりに

動画配信というのは、作業量が多くて、敷居が高いイメージがありましたが、ほぼノーコストで、案外楽にできてしまうのが驚きでした。

実際にやってみると、見えるものが変わったり、見える視点が変わるもので、ホントに「実際に体験してみる」って大切だな、と思う今日このごろです。

今後もブログ、気長に動画を発信して行きますので、

ついてきていただけるとありがたいと思います。

こちらもCHECK!

スポンサーリンク