グーグルアドセンスの審査が通過しました!

はいどうも。MEGAです。

この度、Googleアドセンスの審査に見事通過いたしましたので、ご報告です。

 

アドセンスの通過報告をネットで探すといろんな方法が出てきます。

実際合否を決めるのはGoogleさんなので、ネットに書かれていることを真似すればぜったい大丈夫!かと言われても、難しかったりします。

その時その時のGoogleさんの基準で変わってきますしね。

今回は、僕がGoogleアドセンスに申請して、合格した事例をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク



【2017.4.24:初投稿】

【2017.11.17:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加】

グーグルアドセンスの審査が通りました!

 

この度、Google神様が微笑んでくれまして、グーグルアドセンスの登録が完了しました。

(2017.4.21完了)

 

グーグルアドセンスについては、色々なブログで審査の通過方法を解説する方法がありまして、かなり参考にさせていただいたのですが、

僕の印象としてましては、

巷の通過方法は「どーなの?」とマユツバなものばかり、との印象です。

と言う僕も、その巷の情報に惑わされ、混乱しましたが、無事、審査が通りましたので、

今回行った、僕なりの方法なぞを書いていこうと思います。

 

グーグルアドセンスの審査が通るまで

 

このブログを立ち上げたのが、1月末。

アドセンスに初登録は、2017年の2月中旬ごろでした。

 

登録後の一次審査はこれと言って何かあったわけでなく、アドレスなどの項目に記入して、

審査が開始したら、特に『一次審査通過したよ!!』というメールは一切来ず、

そのまま二次審査と言われる、「ブログ内に専用コードを貼る」ことをしました。

 

で、「最大3日はまっててね!」という表示が出まして、ひたすら待つことに。

 

その間もブログは2~3日に一記事の頻度で更新してました。

一記事の文字数としましては、1000文字~2000文字ぐらいです。

 

しかし、待てど暮せど、結果通知が来ず。

 

1ヶ月を過ぎたあたりでしょうか、流石に待っているのも辛すぎて、

「ダメならダメって言ってくれ!」状態になりましたので、

アドセンス専用フォームに問い合わせを行いました。

 

すると2~3日後、登録したアドレスに

Googleさんから「審査落ちたよ」メールが・・・・

どうも理由は、「ブログ内にちゃんとコード貼れてないんじゃね?」とのこと。

 

すぐに確認すると、たしかに指定されている、場所にコードが見当たらない。

 

ここからは推測ですが、初めてコードを貼った時期は、WordPressのデザインなどを積極的にいじっていた時期と一緒でした。

 

ということは、デザイン(スタイル等)をいじっていたことで、コードを貼っていた部分がなんらかの理由で消えてしまったのではないかと考えられます。

 

で、すぐに指定の場所にコード貼り付けてメールが来るのを待ちました。

 

「多分1ヶ月は軽くかかるんだろうな~」と思っていましたが、コードを貼り付けて再審査してから8日目にして、

「合格!!」メールが来ました。

 

 

いや~嬉しかったですね。

色々なブログで審査は厳しいぞ、と言われている中での通過だったので、グーグル神様に認められた!!という嬉しさがありました。

 

まとめ

 

つまるところ、審査通過の方法はグーグル神様の気まぐれが大きいという印象です。

 

しかし、

気まぐれだから、とりあえず記事更新してればいいんだよ!!

ではしょうがないので、僕がブログを書くときに意識してることのを書きますので、

何かの参考になれば幸いです。

 

  • 一記事に対して1000文字以上書く。
  • アフィリエイト、他の広告媒体は気にしないで貼っていた。
  • プライバシーポリシーの設置
  • 2~3日に一記事の記事更新

 

こんだけ。

「え?こんだけかよ!?」

ホントにこんなもんです。

あまりグーグルアドセンスに固執しないで、のびのび好きなこと書くことが大切かなと思ったりもします。

			
	            
ブログ初心者に聞いてほしい、アクセスアップに必要な3つの事。

 

運が良かっただけなんでしょうか、

わかりませんが、ご参考になれば幸いです。

追記:ペナルティ食らいました。

今年の5月に30日間の広告停止を食らいました。

その理由は、ホントにアドセンス広告貼れてるのか?

「この広告気になるじゃん!」と自分の広告をポチポチしてしまったことが原因でした。

突然予告ナシでペナルティくらうので、ホント規約違反には気をつけて下さい。

 

では!

こちらもCHECK!

スポンサーリンク