【MEGA】「めぐり合わせ」と機会損失の話


 

こんにちは。MEGAです。(@MEGA_desu

 

前回の記事:【MEGA】野生のイルカに会える!!

野生のイルカを生で見れるツアーに参加したことを書きまして、

そこのツアーのインストラクターさんがめちゃめちゃ熱い方で、

ハワイの歴史であったり、イルカの生態であったり、人間関係であったり、地球誕生であったり、

多岐に渡りお話をしてくれました。

とても楽しい話でしたので、すべてご紹介したいのですが、

今回はそのお話の中で『めぐり合わせ』という話が一番印象に残ったので、

この場でシェアしたいと思います。

 

 

 

 

ハワイで出会った『めぐり合わせ』

 

前回の記事では、イルカの他に、ウミガメにも会えたお話をしました。

大自然の中で生きている野生動物です。

 

街で暮らしていると、管理されてお金を払えば、いつでもその動物と会える動物園がありますが、

野生でありますので、悪天候であったり、何らかの理由でイルカがいなかったり、ウミガメがいなかったりで

ツアーに申込んで参加したのに見れないこともあるそうです。

 

ですが、今回僕らは

青い空青い海の中で、ツアーに参加することができました。

いつもより大きなイルカの群れと遭遇できました。

多くのウミガメがいるサンゴ礁でシュノーケリングすることができました。

 

これは偶然だったんでしょうか?

 

そのインストラクター曰く

 

「めぐり合わせ」

 

だと言っていました。

 

青い空青い海の中でツアーに参加することができたことも。

いつもより大きなイルカの群れと遭遇できたことも。

多くのウミガメがいるサンゴ礁でシュノーケリングすることができたことも。

 

すべては「めぐり合わせ」なのだそう。

 

スピリチュアルな話じゃないですが、

この「めぐり合わせ」というものはやり方次第では、チャンスを増やせると思うんです。

 

 

「めぐり合わせ」の増やし方

 

こんな素敵な「めぐり合わせ」が増やせるとしたら、うれしくないですか?

 

スピリチュアルな話をしようとしているのではないですよ?

 

僕も学生のときに四国でお遍路したぐらいですから、

スピリチュアルな話は嫌いじゃないです。

 

ですが今回は、もっと実体験ベースでお話します。

 

 

「機会損失」をご存知でしょうか?

 

「稼ぎ損ない」や「儲け損ない」のことをいいます。これは、実際の取引(売買)によって、発生した損失ではなく、最善の意思決定をしないことによって、より多くの利益を得る機会を逃すことで生じる損失のことを意味します。

引用:http://www.ifinance.ne.jp/glossary/business/bus063.html

 

経済用語なんですが、

 

例えば、定価800円、原価500円のラーメンがあったとします。

 

お客さんに出す前に落としてしまいました。

 

いくら損したでしょう?

 

 

 

原価が500円だから、損した額は500円ですか?

 

 

 

確かにそうなんですが、

「機会損失」は意味合いとしては違うんですね。

 

そのラーメンを落とさないで、お客さんに提供できたら、いくらでしょうか?

 

800円ですよね?

 

つまり落としてしまうことで、800円を得れる“機会”を“損失”してしまったんです。

 

これが「機会損失」です。

 

 

が、

今回の「機会損失」は少し違くてですね。

 

僕たちが参加したツアーを

そもそもイルカとか興味ないし。という方は別ですが、

「興味はあってやりたいけど、お金がもったいないからー」とかで参加してなかったらどうでしょうか?

 

その時点で

 

青い空青い海の中でツアーに参加することができたことも。

いつもより大きなイルカの群れと遭遇できたことも。

多くのウミガメがいるサンゴ礁でシュノーケリングすることができたことも。

 

体験しないまま過ぎて終わってしまいます。

そのことがすごくもったいないことだと思うんですね。

 

 

ただ新しいことへ一歩踏み出して体験しただけで、

マジで見える世界が変わります。

 

 

普段通らない道を通ることで、新しい店を発見できたりしませんか?

はじめて会う方と話してみたら、新しい気付きがありませんか?

いつもは絶対に読まない本を読んでみませんか?

 

これだけでも見える世界が変わりますよ。

 

 

 

 

みなさんの興味があるものはなんですか?

どうして、それが「できない」と思いますか?

 

もしかしたら、考え方次第では、

「できること」になるかもしれないのにですよ。

 

 

 

一歩だけ踏み出せば、

「できること」なんていくらでもありますし、

「見えるもの」なんていくらでもあります。

 

 

 

みなさんが一歩踏み出すことで

 

数多くの「めぐり合わせ」がありますように。

 

 

ではまた次回。