「お金を稼ぐ」ことが目的になってませんか?稼ぐより稼いだその先を考えよう


多くの人が発症している『かねかね病』をご存知ですか?

  • お金がない
  • ギャンブルに負けた
  • 給料が減った

などなど・・・

おサイフから、予測外にお金が出て行った時に発症しやすいです。

発症すると、 思考が「お金一色」になり、 周りが見えなくなります。

それを「かねかね病」と呼んでいます。

その「かねかね病」を発症すると、目の前のことしか見えなくなってしまいます。

今回はその原因と対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

【2017.3.5:初投稿】

【2017.10.13:タイトル修正、本文加筆修正、画像追加、リンク追加】

『かねかね病』は突然やってくる

かく言う僕も、過去に会社の福利厚生の一つである「住宅手当」がなくなりました。

僕が結婚したからですね。

と言いますのは、僕が結婚したばかりのとき、会社から「奥さんの年収を教えてくれ」との話がありました。

で、言われた必要書類を会社に提出した二日後、「奥さんの年収の方が多いから、 今月から住宅手当なくなります。」 とのお達しがありました。

もちろん「住宅手当」はその会社に所属し、一定の条件をクリアする事による特典です。

その特典の取得条件を満たさなければ、切られてしまいます。

これはしょうがないことだったりします。

と頭でわかっていながらも、その月から突然に手取りが減る事になりました。

突然降り掛かったことに僕の感情は乱されました。

で、発症したんです。

『かねかね病』の症状

かねかね病

いやーやばいすよ。あれ。

昔『脳内メーカー』というものが流行りましたが、まさにそれです。

全ての思考が「お金」というものに捉われてしまいます。

何も考えられません。

お金が急に減った。給料が減る。 結婚したばかりなのに、どうしよう・・・

かねかねかねかねかねかね・・・・・   そればっかり。

スポンサーリンク

あなたはなぜお金を稼ぐのですか?

一度初心に返って、お金を稼ぐ理由を考えてみて下さい。

  • 何かほしいものがありますか?
  • 休日に遊びに行きたいですか?
  • おいしいものを食べたいですか?

  “目的”と“目標”の話

少し話が脱線しますが、“目的”と“目標”の違いはなんでしょうか。

あくまで僕の解釈ですが、“目的”は抽象的。“目標”は具体的。

よくわからんですね。

 

例えば、 『ニューヨークに行きたい!!』 という目的があったとします。

当初の目標は「直行便の飛行機で行く。」

ですが、 目的目標がごちゃごちゃになってしまい「直行便の飛行機でアメリカに行く」ということが目的になったらどうでしょうか?

 

「悪天候の影響で本日は欠航です。」

となったら、ニューヨークへ行くことを諦めてしまうことの方が多いと思います。

 

「直行便の飛行機で行く」が目的になってしまうと飛行機が欠航になった時点で、 目的は達成できず、本来の目的であったはずの「ニューヨークへ行く」を諦めることになります。

ですが、   目的目標を忘れなかったらどうでしょうか。

目的である「ニューヨークへ行く」事さえ忘れていなければ、目標の「直行便の飛行機で行く」ことがダメになったとしても

  • 飛行機を乗り継いで行く
  • 船で行く。
  • 陸路も使う

など、いくらでも選択肢を増やせる事ができるんです。

期間、時間が限られてるから無理だよ。

言う話では今回なくてですね。

目的目標をはっきりさせとけば、ハプニング(例えば、お金が突然なくなる)が起きても冷静さを保てるという話をしています。

あなたはなぜお金を稼ぐのですか?

もう一度、お伺いします。

 

僕の場合は、 目的として、妻、実母、妻の家族などに費やせる時間を増やしたい。

一緒に居る時間を増やしたい。

ということなんですよね。

実は目的の中にお金は関係ないんですよ。

それを思い出したら、『かねかね病』が治まりました。

 

いま一度、

『なんでお金がほしいのか』『なんで働いているのか』

そのお金の稼ぐ理由を考えてみて下さい。

 

おわりに

「とりあえず、ほしいものがあるから働く」 「とりあえずお金がほしいんです」ということが目的ですと欲しい物を手に入れ瞬間、目的が達成されてしまいます。

新たな目的ができる。 達成したら次、次、次・・・・金、金、金・・・・・ と限りないスパイラルに入って行きます。

これはなかなか辛いです。だってずっと満足できなんですもの。

気を付けてください。

 

皆さんに素敵な“目的”が見つかりますように。

 

では。

あわせてCHECK!

スポンサーリンク