【MEGA】メンタルぶっ壊れてもマンガが救ってくれた


【加筆修正:2017.4.29】

 

こんにちは、MEGAです。

今回は本格的にブログ記事を書いていきたいと思います。

と言っても何を書けばいいのかわからなかったりするので、

自分の好きなマンガの話をしていきたいと思います。

 スポンサーリンク


 

ボクの始まりは『マンガ』でした。

 

僕は小さい頃からマンガが大好きなんですね。

 

と言いますのは、母親がもともとマンガを好きでして、

狭いアパートの廊下の両端に一面本棚がありまして、全部マンガみたいな。

 

少女漫画、青年漫画、色々ありましたが、主に少年漫画です。

 

『友情・努力・勝利』

 

物心つく頃から、ドラゴンボールを読んで育ちました。

 

で、幼い頃から僕の周りにはマンガに満たされていたわけですね。

 

野球選手の子どもが赤ん坊のうちからボールを持たされる状態でしょうか。

英才教育的な。

 

ボクもマンガの英才教育(言い過ぎ)をされていたわけですね。

 

と言っても

 

将来は漫画家に俺はなる!!」とかでは一切なく、ひたすら読んでいただけですけどね。

 

でですね、

マンガ好きの母親は除きまして、小さい頃の周りの大人たちからは、

 

「マンガばっかり読んでると、勉強できないぞ」

 

とか

 

「マンガなんて娯楽なだけで、得することないでしょ」

 

などなど。

 

『マンガは悪者』とレッテルを貼られてしまうこともしばしばありました。

 

成人した今でこそ、活字もよく読みますが、

小学生~中学生のときには、活字が苦手でしたから、マンガばかり読んで育ったんですね。

 

マンガも人間が描いている。

 

漫画家も作家も人間です。

 

それぞれ書いている人間の経験、思考、知識がその作品に反映されます。

 

例えば、医者ものの作品をとってみても、全く切り口が違うんですね。

 

超絶技術を持ってる医者で、患者には法外な値段を取ってみたり。

大学病院のドロドロ人間関係マンガであったり。

外科であったり、産婦人科であったり。

江戸時代で医療行為してみたりであったり。

 

などなど・・・

 

医者を題材にした作品だけでも、この世には数多とあります。

 

たとえ、作品を作るのに対して、作者さんが本来描きたいものではなく、出版社の意向

今のトレンドは医者だとか、野球だとか、バレーだとかだから、次描く作品はそれで行こう。

 

ということになったとしても、その作品自体には、

作者自身の経験、知識、思考

絶対に作品に反映されるわけです。

 

僕の場合は、今までに読んだ、

「マンガに救われているな」と思うことが多くありました。

 

今まで経験した中で、

色んな場面において、「マンガ」とつながる瞬間があったんですね。

悲しい時、辛い時、苦しい時。

 

そのマンガの登場人物の発したセリフで救われました。

現実逃避の側面もあったかもしれません。

 

ですが、
熱いマンガ。
例えば『からくりサーカス』

この作者が描くマンガは熱いんですよ!!

 

読むと毎回、鳥肌が立つんです。

感情がビリビリするんです。

 

「よし!やってやろう!!」

 

って気になります。

 

読む側の態度が大切だ。

 

つまるところ、マンガでも活字でも、

その作品に、作者の経験、知識、思考がしっかりと反映されているなら、

読む側の態度。

 

その登場人物のセリフ、行動から何か自分に得るものがある

 

ということを意識して読むことが大切だと思います。

そうやって読むと、なおさら記憶に残りますしね。

 

何かしら読んだ後、自分に得るものが残るとするならば、

マンガも活字も一緒ではないかな。

 

と感じています。

 

いつも読んでいるその雑誌。

いつも読んでいるマンガ。

久々に読み返す本。

 

マンガでも小説でもラノベでもビジネス書でもなんでも

本を読むときは

 

『この本から自分に得るものがある』

 

という

 

“態度”もしくは“意識”をもって

 

読んでみてほしいな、と思います。

 

素敵な作品に出会えるように。

 

ではまた次回!!

スポンサーリンク 


【注目記事】