【実体験】転職のメリットとデメリットについて

僕は2016年に学校の先生から「民間企業の経験もない先生たちが、これから企業に就職するなら」という授業をすることに疑問をもち、転職いたしました。

 

転職をした結果から言うと、転職をしたことで、メリットもあるし、デメリットもあります。

当たり前ですが。

今回は実際に転職して感じたメリットとデメリットについてお話したいと思います。

何かしらが参考になれば幸いでございます。

【2018.2.2:記事初投稿】
【2018.11.1:タイトル修正、本文加筆修正、リンク追加】



 「転職しよう」と思った一因

僕は大学を卒業して学校の先生になりました。

先生自体は4年間やりましたが、ある年、高校3年生の副担任になりました。

高校3年生というと、卒業が迫り、就職か進学か・・・と進路で悩みます。

僕がいた学校は、就職の人数が多いく「進路の授業」というものがありました。

「就職する上で必要なこと」の授業に疑問をもつ

ほとんどか卒業後就職する生徒なので、その生徒対象に「就職する上で必要なこと」の授業をします。

そこでその授業の担当になった先生は、こんな話をしました。

 

「一般企業はとにかく挨拶、礼儀が大切である」

 

とても基本なことだと思います。

ですが、僕にはその授業が不思議で不思議でたまりませんでした。

 

だって、先生の多くは大学を卒業し、一般的な企業に就職することなく、そのまま先生になる人が圧倒的に多いです。

その授業を受け持った先生も卒業後、教諭採用試験に合格し正式な先生になりました。

 

一般企業の経験もない先生が「一般企業に必要なことは」という授業をする。

 

僕には「観ていない映画のことなのに偉そうなレビュー」のようなちぐはぐな感覚がずっとありました。

その感覚がずっと心に残り、僕が転職する一因になっていたりします。

 

それでは転職のメリット、デメリットのご紹介いたします。

全部僕が感じた実体験になります。

転職のデメリット3つ

まずはデメリットから。

給料が減る

一番最初の提示額はでは前職と似たり寄ったりのトントンな額でしたが、いざ働きだしてみると、「住宅手当の条件に見合わなくなったから、手当でません」とかあります。

住宅手当は会社からの特典みたいなものですから、しょうがないところもありますが、「今月から支給なし」となると、流石に「つら・・・」と思います。

拘束時間が増えた

単純に拘束時間が増えました。

これは僕の中で一番、辛いものになります。

お金より時間の方が大事と思っているので。

人間関係が前職以上に辛くなった

現在在籍しているところ女性の力が強くその中でも、お局様がいるんですね。

そしてそれを取り巻く下々の方がとてもうるさい。

誰かが何かしようものなら、一瞬で悪い噂になって広まりますよ。

スポンサーリンク

転職のメリット

「そんなにデメリットがあって、メリットなんかあるの??」

転職して数ヶ月でめっちゃデメリット体感して正直メリットなんてあるのか?と思っていましたが、メリットありました。

ご紹介していきます。

外に目が行くようになった

現状が嫌すぎて、危機感を持ちました。

「このままじゃ絶対ダメだ」

「ここで今後定年までやるのはつらすぎる」

そう思った瞬間、「自分で稼げる力」をつけようと決意しました。

そこからビジネスの勉強をしたり、ブログ運営の勉強をしたりしました。

「自分で稼げる力」をつける

自身に何かが起こったとしても、自分で稼げるようになろう。

と思えることができました。

そして現在ではブログを始め、まだまだ少ないですが自分で稼げるようになってきています。

 

本当に一円でも稼げるようになると、自信がつきます。

今までは現在所属している会社でしか収入がないですから、その収入源がなくなったら、何もないわけです。

ですが一円でも価値を創造していると感じると、一気に気持ちに余裕が生まれます。

もし会社で嫌なことがあったとしても「まぁ他に収入があるし、そっちで頑張れるかな~」と思えます。

それがかなり大事で、それがあるのとないのとでは、精神安定の度合いが違います。

 

あなたの価値はそんなもんじゃないですよ。

今の年収について、サイト内で自分の年収、市場価値を診断してくれるサービスがあります。

まとめ:転職先の会社の条件は良くないけど、後悔はしていません

僕は転職して今の会社に入りましたが、後悔はしていません

何しろ今の現状を変えたくて、外に目を向けることができた、と意識がかわり行動できたことが大きいです。

 

今の職場嫌すぎて、デメリットばかりに目を向けてしまうと、そのまま負の世界に落ちていってしまいます。

スターウォーズで言うダークサイドですね。

ダークサイドは底なしですから、どんどん深みにハマっていきます。

 

僕はそのダークサイドにハマりかけましたが、ブログ運営を学んでいくことで外に目を向けることができました。

手っ取り早く「外に目を向ける」状態になるにはブログというものはとてもおすすめです。

 

では!

こちらもCHECK!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です