【加圧式灯油ポンプ】灯油を入れても、タレない、汚れない最強ポンプ【レビュー】

寒い冬、暖房器具は欠かせません。

我が家では石油ファンヒーターを使っています。

燃料に灯油を使用しますから、タンクが空になったら灯油を補給するわけですけども。

現在使用しているポンプは安い多くの人が持っている一般的な灯油ポンプ。

でもこれが垂れる漏れるで中々使い勝手が悪かったんです。

もう嫌だ・・・・」

と諦めかけたその時、見つけたのが「加圧式灯油ポンプ」。

垂れない漏れない、そして電池も使わない。

最強ポンプを今回ご紹介します。

今までの灯油ポンプは垂れる漏れる

今まで使っていた同型の灯油ポンプです。

一般的だし、安いんですけど、これが漏れる垂れる。

灯油をタンクに入れたあとでもノズルから垂れるし。

タンクに取り付けている保管用の入れ物には、いつの間にか灯油が溜まってる・・・

なんならタンクに入れるのも大変でした。

電池式の電動があるじゃん」

と思われそうですが、その電池がかなりネックなんですね。

単1、単2電池とか大きい電池使うのもなんだか不満ですし。

毎シーズンに電池を使うってのも不満でした。

そして探して探して探して・・・・

探して諦めかけたその時、見つけました。

スポンサーリンク

加圧式灯油ポンプ

見つけてしまいました。

タレない、漏れない、電池も使わない。

そんな最強灯油ポンプがありました。

加圧式灯油ポンプ!!

ちょっと商品自体大きいですが、タンクに取り付けたままにできるので、かさばらず使えます。

ノズル部分にレバーがついてる

ストーブタンクに入れるとき、ノズル部分にレバーががついています。

レバーを押してやると灯油が出てくる仕組みです。

セルフガソリンスタンドの容量ですね。

スポンサーリンク

加圧式灯油ポンプの使い方

結構かんたんです。

まず灯油タンクに取り付けた、加圧式灯油ポンプのボタンを数回押してポンプ内の圧力をあげます。

何回かボタンを押していると固くなっていきますので、「押しにくいな・・・」と思ったらオッケーです。

ノズルをストーブタンクに入れ、レバーを握ると勢いよく灯油が出ます。

これだけ。

圧力が弱まると、灯油の勢いが弱まるので、まだボタンを押して圧力を上げてあげる。

この繰り返しで給油出来ます。

入れ終わったら、圧力を下げてあげると、灯油がタンクに戻ります。

灯油が戻ったことを確認したら、ノズルを戻して終わりです。

灯油は漏れないし、垂れないし、手も汚れません。

created by Rinker
工進(KOSHIN)
¥1,882 (2020/08/06 22:59:49時点 Amazon調べ-詳細)

加圧式灯油ポンプは動画でも!

今回紹介した加圧式灯油ポンプは動画でも紹介しています。

使い方、どんな風に入れるのか、詳しく解説していますのでそちらもぜひ。

おわりに

寒い冬に灯油を入れるってかなり辛い作業なんですよね。

めんどくさいし、寒いし。

そんな辛い作業を少しでも和らげるために今回「加圧式灯油ポンプ」を紹介しました。

今まで買わなかったことを公開するぐらいの画期的な商品ですので、ぜひ使ってみるとその良さがわかるはずです。

ではまた次回!

ありがとうございました!

関連記事

こちらもCHECK!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。