【アラジン グラファイトトースター】一瞬で熱くなるから超ビビる。

我が家に高級トースターがやってきました。

バルミューダのトースターほどの高級ではないですが、今まで使ってきたトースターでは一番高級。

 

今までのトースターはAmazonで買ったこのトースター

 

これ。

そこまで高くないし、評価もよくて、「うん、トースターだね」って感じでしたが、今回紹介する『アラジン グラファイトトースター』。

何が良いって、めっちゃ熱くなるのが早い。

 

0.2秒。

 

もう一回言います。

 

0.2秒。

 

一瞬でトースター内真っ赤ですよ。

 

今回はそんなで秒速で発熱するトースター。

『アラジン グラファイト トースター』

をレビューしていきます。

スポンサーリンク

『アラジン グラファイトトースター』が家にきました。

友人から結婚のお祝いとして、いただきました。

 

アラジンさんって、ちょっとレトロなストーブとか売っているイメージ。

(画像引用:http://aladdin-aic.com/product/bf

こういうの。こういうの。

そのアラジンさんがトースターを作ったみたいです。

開けてみます。

なるほど。なるほど。

箱の中には調理レシピと焼き方などの冊子が入っていました。

グラファイトトースターの外観

いいですよ。

オシャレですよ。

めっちゃ温度も選べるし。

ね!!なんかかわいいですよね。

スポンサーリンク

グラファイトトースターでパンを焼いてみました

今回は旧トースター『アラジン グラファイトトースター』で焼き比べしてみました!

 

わかります?

めっちゃ赤々と光っているのが。

めっちゃ食べるの楽しみになります。

焼けました。

左が旧トースターで右が『アラジン グラファイトトースター』です。

わかります?

速攻で熱くなるからグラファイトトースターで焼いたものは外側パリッとしてるんですよ。

 

うまいうまい。

 

なぜ0.2秒で熱くなるのか?

0.2秒ってすごいですよね。

初めてつまみを回した瞬間からめっちゃ光りますもん。

正直びびりました。

「おぉ・・・!」って。

 

なぜこんな瞬時に熱くなるのでしょうか?

「遠赤グラファイト」を搭載!

「遠赤グラファイト」がわずか0.2秒で発熱し、庫内温度を高くします。短時間かつ高温で一気に焼き上げることで、外はカリッと、中は水分が残っているのでモチモチのトーストを焼くことができます。

引用:http://aladdin-aic.com/product/gt

 

「遠赤グラファイト」とは、株式会社千石がの特許技術※1で、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材です。熱伝導率は鉄の約10倍です。アラジンブランドの暖房機「グラファイトヒーター」として既に展開しています。この独自技術を駆使して開発したのが、『アラジン グラファイト グリル&トースターというわけです。

※1 特許番号 特許第4739314号

引用:http://aladdin-aic.com/product/gt

この「遠赤グラファイト」ってのはカーボンヒーターよりも遠赤外線料が1.2倍も多く、熱くなるのが早い「グラファイトヒーター」を搭載してます。

上部がその「遠赤グラファイト」で、下部ヒーターが「石英管ヒーター」でみなさんが馴染みのあるヒーターかと思われます。

この上部、下部異なるヒーターを組み合わせ、パンを最適に焼き上げる技術のようです・・・・!!!

とりあえず、気持ち的にも味的にもうまいってこと

(画像引用:http://aladdin-aic.com/product/gt)

もちろんトーストめっちゃ美味しいんですよ。

外はパリッと!中はしっとり!!

 

あとは高級っていう言葉の気分の高揚感・・・!!

それだけでメシがうまいことうまいこと・・・!

 

今のトーストのワンランク上を狙うなら、とても良いものだと思います。

 

こちらもCHECK!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です