ヨーグルトメーカーでR-1の量産に挑戦!コスパ最強です。

ヨーグルトが好きです。

毎朝食べます。

巷では明治の『R-1ヨーグルト』がインフルエンザの予防やら花粉症の改善やら効果があるようです。

でもね。

高いんですよね、『R-1ヨーグルト』

近所のスーパーでは約130円。

毎日1回食べて週910円。

月4030円。

中々の出費ですね。

「なかなか高いなぁ・・・」と悩んでいたところに出会ったのが、今回紹介するヨーグルトメーカー

牛乳パック一個「R-1ヨーグルト」があれば、量産型R-1ヨーグルトが家庭でできてしまいます。

今思うと、さっさとヨーグルトメーカーを買って量産すればよかったと後悔です。

ヨーグルト好きにはたまらない、コスパに優れているヨーグルトメーカーを紹介していきます。

明治「R-1ヨーグルト」って?

R-1ヨーグルトは明治から発売されているOLL1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトです。

過去にNHKなどの複数のメディアにR-1ヨーグルトの効果が紹介され、一時お店の商品棚から姿を消すなど人気が爆発したこともありました。

私もたまに近所のドラッグストアに買いに行っても品切れのときがあるので今でも人気は絶大のようです。

R-1ヨーグルトの効果

R-1ヨーグルトを食べ続けた効果として期待できるものに「免疫力の向上」です。

巷で言われている効果には

  • インフルエンザの予防効果
  • 腸内環境の改善効果
  • 肌トラブルの改善
  • 花粉症の改善

などが挙げられます。

中でも「インフルエンザの予防効果」は明治でもインフルエンザワクチンの効果を高める可能性があると研究で確認しました。

そんな素敵な効果が多いR-1ヨーグルト。

一回一回買うのもいいですが、量産してコスパよく食べていきましょう。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトを作るために必要なもの

自宅でR-1ヨーグルトを作るためにはこの3つだけがあれば大丈夫です。

  • ヨーグルトメーカー
  • 明治プロビオヨーグルトR-1
  • 牛乳(成分無調整)

この3つ。

とりあえずヨーグルトメーカーさえ購入してしまえば、R-1ヨーグルトの量産はほぼゴールですね。

おすすめヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーって形状、性能の違いによって様々な種類があります。

ここでおすすめしたいヨーグルトメーカーは、牛乳パックのままメーカーに入れてヨーグルトが作れるタイプ。

というのは、別容器に牛乳を入れると雑菌が繁殖するリスクが高まります。

それを予防するために煮沸消毒など消毒作業が面倒です。

牛乳パックのままヨーグルトを作ることができれば、かなり楽になりますね。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,173 (2020/06/05 00:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

このヨーグルトメーカーがおすすめで、1℃単位で温度を調節できる優れもの。

ヨーグルトを作れることはもちろん、1℃ごとの温度調整を可能としているので、甘酒、納豆、塩麹、フルーツビネガーなど様々な発酵食品が作れます。

R-1ヨーグルト

R-1ヨーグルトはコンビニ、スーパー、ドラッグストア、どこのお店で買っても大丈夫です。

固形タイプ、ドリンクタイプものがありどちらでも作れます。

試しにどちらもやってみてお好きな方でやってみるといいでしょう。

R-1ヨーグルトは人気商品です。

テレビなどで紹介されると一気に店頭から姿を消してしまいます。

ですが、R-1ヨーグルトはアマゾンなどのネットでも購入ができますので、お店で変えないときにはネットで購入がおすすめです。

created by Rinker
不明
¥3,139 (2020/06/05 00:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

牛乳(成分無調整)

牛乳は特にこだわる必要はありません。

市販の牛乳(成分無調整)でヨーグルトはできます。

私は生協(コープ)で毎週牛乳を頼んでいて、その牛乳で作ってます。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトの作り方

特別な作り方はなくて、牛乳にヨーグルト入れて混ぜてヨーグルトメーカーにセットしてスイッチオン。

これだけ。

ですがせっかく作るのだから失敗したくないですよね。

今回は私がやっている方法紹介していきます。

1.牛乳を温める

乳酸菌はある程度温かいほうが発行しやすいです。

ヨーグルトを入れる前に牛乳パックごとレンジで温めます。

私は1Lの牛乳パックを600W3分加熱しています。

爆発はしません。

抵抗がある人は冷蔵庫から出して常温に戻しておきましょう。

2.1杯分の牛乳をのむ

温め終わったら、R-1ヨーグルトを入れたいところですが、それでは溢れてしまうこともあります。

ヨーグルトを入れる前に一杯飲んでおきましょう。

3.R-1を牛乳パックに入れて混ぜる

準備した牛乳にR-1ヨーグルトを丸々1個入れます。

そしてしっかり混ぜます。

牛乳パックは底が深いのですが、しっかり混ぜる必要があります。

家では菜箸でまぜてます。

その菜箸の殺菌は忘れずに。

4.ヨーグルトメーカーにパックをセット

よくかき混ぜたヨーグルト入牛乳パックをヨーグルトメーカーにセットします。

こんな感じ。

牛乳パックをクリップで止めています。

我が家では43℃に温度を設定し

12時間に設定して作ってます。

例えば朝仕事に行く前にセットしています。

帰ってくる頃にはできたてのヨーグルトが出来ているという寸法です。

R-1ヨーグルト完成!

こんな感じでしっかりしたヨーグルトができます。

我が家では、冷凍フルーツやドライフルーツで楽しんでいます。

スポンサーリンク

R-1ヨーグルトを作るときの注意点

「自分で作ったヨーグルトに継ぎ足しでも作れるの?」

わかります。

R-1ヨーグルトすら買わなくて良くなればホントにコスパ最強になりますよね。

私もそう思い作ってみました。

まず市販のR-1ヨーグルト(第1世代)で量産型R-1ヨーグルト(第2世代)を上記の方法で作ります。

つづいて量産型R-1ヨーグルト(第2世代)を種菌に第3世代ヨーグルトを作りました。

第3世代ヨーグルトでも味としてはとても美味しく、第2世代と遜色を感じさせませんでした。

続いて第3世代ヨーグルトを種菌に第4世代を作りました。

味は・・・なんとなく酸味が強くなり、粘り気が出たように感じました。

もちろん全て食べても問題ありませんでしたが、ヨーグルトの質が変わったようなので、個人的には量産型は第3世代までがいいと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

通常スーパーで買うと一個130円のヨーグルト。

牛乳1パックは150円そこらなので、合計で280円。

280円でR-1ヨーグルト約10個分と考えると、コストパフォーマンス最強なんじゃないかと思います。

ぜひヨーグルトが好きな人は試してみたください。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,173 (2020/06/05 00:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

こちらもCHECK!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。