眠気を覚ます方法を色々実践してわかった。僕が試している方法を紹介


【初投稿:2017.4.1】

【タイトル修正、本文加筆修正、アイキャッチ画像追加、リンク追加:2017.9.18】

 

えぇ。そうなんですよ。

仕事中めっちゃ眠くなるんですよ。

もうね、ひどい時には仕事始めてデスクに座ってPC開いて、30分すぎる頃には、まぶた重いですよ。

でもね、持ってる仕事はこなしたいんですよ。そんな責任感ぐらいは持ってます。

だから今回は、この眠気を覚ますために実践してきた方法とその中で見つけてずっと実践している方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

眠気の覚ます方法をご紹介

僕は季節問わず昼間、眠くなってしまうんですね。

昨年転職しまして、いつも動き回っている仕事から、デスクワークが多い仕事になりました。

で、座っているとウトウトウトウト・・・・

寝不足というわけではないのですが、 仕事中眠くなってしまいます。

これではいかん。仕事にならんぞ。

ということで、僕が実践してきた『眠気の覚まし方』を紹介していきます。

1、ちょっと歩く

結構効きます。

トイレに行くついでにトイレまで寄り道して歩きます。

多分リフレッシュするんでしょうね。

 

2、顔を洗う

歩いてトイレに行っても眠気が取れない時のあわせ技です。

 

トイレの洗面台で顔を洗います

洗った瞬間はバチッと目が冷めて、爽快感です。

 

でも机に戻って仕事を始めるとすぐに眠くなってしまいます。

あと、あんまり席を立ちすぎると「アイツ、トイレ行きすぎじゃね?」と白い目で見られる可能性大なので、注意。

3、ストレッチ

やっぱり体動かすと眠気が覚めるんですよ。

でもね、仕事場狭いんすよ。

イスに座りながら「うーん」って伸びしたら周り迷惑かかっちゃう。

で、席を立つと「アイツ、トイレ行きすぎじゃね?」となってしまいます。

どうしたものか。

ながらストレッチというものがありました。

3、ミント系のタブレットを食べる

僕の会社は仕事中、水分補給はオッケーですが、何かを食べることはダメみたいで、知らずにせんべいを食べたら怒られました。

ホントはガムがいいのですが、口が動くガムはダメ。

ということで、ミントタブレット。

 

多分効いちゃう人には効くのだと思いますが、僕は付け焼き刃でした。

 

4、つねる

実力行使。

ほっぺ、うで、ふともも。

あらゆる所つねります。

 

5、マネするな。ボールペンでさす

マネしてほしくないですが、実践したということでご紹介。

会議中とかね。立ち上がることも、タブレットを摂取することもダメ。

つねってもダメな時に使います。

 

そうです。荒業「ボールペンで太ももをさす」

 

もちろんケガしないようにですよ。

たしかになんとなく目が覚めた気がします。

が、家に帰ってきてお風呂に入る時の太もも見たら黒い点々に正直引きました。

「うわぁ・・・」

自分を傷つける行為はダメですね。

 

もうダメかと思いました

だって、何やってもダメなんですもん。

眠い。眠い。眠い。

でもね、仕事をする以上倒さなきゃいけない壁でした。

 

見つけました。眠気を覚ます方法。

ある時、前の職場の先輩に眠気で悩んでることを相談したんですよ。

そしたら 「バターコーヒー」がいいぞ。

とアドバイス受けました。

なんだそりゃ?と疑問に思っていると、

という本を読めと。

で、さっそく読んでみまして、この本には色々な健康法が紹介されていました。

ちょっと「そこまでやるか?」という健康法もあったのですが、実際に先輩が実践して効果があるという、「バターコーヒー」を実践してみました。

眠気を覚ます。バターコーヒーのやり方!

とは言えやり方は簡単です。

いつもの朝食の代わりにバターを溶かしたコーヒーを飲むと言うものです。

ですが、その材料に色々と決まりがありまして、コーヒーに溶かすバターは無塩の物を使用します。

無塩バターと言っても、スーパーで大量に売られているような、無塩バターではなくてですね。

グラスフェットバターと言うものを使用します。

グラスフィットバター?

一般的な飼育をされている牛は主にトウモロコシ、麦などの穀物を餌にしたものです。

これは飼料コストが低く済むなどメリットがあるわけですが、良質なバターではないわけですね。

で、グラスフェットバターというのは、牧草だけで育った牛の良質なバターなんですね。

この牧草だけで育った牛の乳から作られたバターには、コレステロールや中性脂肪の減量に効果があると言われている不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸ですが、魚介類やオリーブオイルなどに含まれている良質な油で、脂肪の中の飽和脂肪酸と置き換わることでダイエット効果があると言われています。

とりあえず身体に良さそうです。

でもう一つ入れるものがありまして、MCTオイル。

MCTオイル?

MCTはMedium Chain Triglycerideの略で、MCTオイルとは中鎖脂肪酸油のことを言います。

MCTオイルは一般的な食用油と比べて消化・吸収が早く、エネルギーになりやすいという特長があり、医療現場やスポーツ分野での栄養補給などで利用されたりしています。

MCTオイルですが、ケトン体ダイエットだったり、美容に良い、だったりと色々あるようです。

これも身体によさそう。

で最後に、本曰く、コーヒー豆にも推奨される豆がありまして、本ではスペシャリティーコーヒーを使用してほしいとしてますが、僕はコーヒー豆にはこだわっていませんので、割愛します。

バターコーヒーの効果

グラスフェットバター + MCTオイル + コーヒー =『バターコーヒー』

 

「ダイエットに良い」と言うものがありますが、その他に集中力が増すそうです。

僕はこの「集中力が増す」に惹かれ始めてみました。

でですね、 バターコーヒーを飲みはじめて1年経ちますが、ホントに昼間、眠くならないんですよ

それと活動的に動ける。

とめっちゃ効果がありまして、すこぶる調子が良くなりました。

補足ですが、 バターコーヒーを始めて職場の健康診断がありましたが、すべての項目で正常でした。

バター+油+コーヒー   とあまり身体に良くなさそうなトリオですが、今後も続けて見たいと想います。

※個人の実体験なので個人差があります。行われる際には自己責任でお願いします。

商品のご紹介

●グラスフェットバター

●MCTオイル

ではまた次回!!

あわせて読んでみて

スポンサーリンク